Mkphotohtml (Make photo.html)

Mkphotohtml (Version 2.3):

ディジタルカメラ(Digital Camera)で多量に撮った写真を簡単に整理し、 Netscape や Mozilla 等の一般的なブラウザ(Web browser) で見れるようにするものです。

一つのディレクトリ(Directory)で一つのテーマ(Theme)を表現する。 各テーマはその下にサブディレクトリ(Sub-directory) を作る事でサーブテーマ(Sub-theme)構成し、 全体は木構造(Tree structure)となっている。 画像(Image)は各テーマ(各ディレクトリ)毎に管理する。 トップテーマ(Top-Theme,ディレクトリ)から全てのテーマを含む HTML ファイル(HTML file)の一群を自動的に生成する。

各テーマ毎に、画像及びサブテーマの順序や、 コメント等を設定するファイル Contents.conf を置くことができる。 逆に、画像を適当に分割しておきさえすれば、 後は一切手間無しの手抜きモードもある(撮影日時だけで決める)。

各テーマにおける(photo.html の)表示はそのテーマの画像、 およびその直下のサブテーマの代表画像のサムネイル(Thumbnail) が縦一列に並びます。 各画像の右側に、拡大画像へのリンク、画像名、日時、コメントが付きます。 実際にどういう形で表示されるかは、以下の URL を参照して下さい。
http://www.tksa.gr.jp/cats/photo.html

Version 2.0 からはサブテーマとして他のウェブサーバ上の URL を指定することができるようになりました。 これによって Network Photo Album の実現が可能です。
グローバルに使用するとなると、言語の問題が大きいため、HTML 出力ファイルの文字コードに UTF-8 を採用しました。
(ただし、Version 2.2 からは US-ASCII のみを使用した場合、charset を含め US-ASCII で出力されます: Contents.db と photo.html ファイル)

Version 2.3 からは、 1/1 画像のサイズを規格化出来るようになりました。 また、テーマ毎に日時を現地時間表示出来ます。

では、上記の例のディレクトリ、 ファイルの構成がどうなっているか紹介しましょう。
(注:下記の Contents.db と photo.html ファイルは UTF-8 で書かれています。)

    -----------------------------------------------------------------------
	  cats/           # Top theme (directory)
	  Contents.conf     # Slightly modified from default (User setup)
	  Contents.db       # Fully described contents (automaticaly generated)
	  photo.html        # The target HTML file of the top theme.
	  ouchi/            # Sub theme
            :raw/             # Raw image files of ouchi are here
	  Contents.conf       # Example of adding many comments
	  Contents.db
	  photo.html
	  cruelty/            # Sub-sub theme
                :raw/
	  Contents.conf
	  Contents.db
	  photo.html
	  oyama/            # Sub-theme
            :raw/
	  Contents.conf       # Example of adding less comments
	  Contents.db
	  photo.html
	  natsuyasumi/        # Sub-sub theme
                :raw/
	  Contents.conf
	  Contents.db
	  photo.html
	  oyasumi/          # Sub-theme
            :raw/
	  Contents.conf
	  Contents.db
	  photo.html
    -----------------------------------------------------------------------
	

cats/,  cats/ouchi/,  cats/ouchi/cuelty/,  cats/oyama/,  cats/oyama/natsuyasumi/,  および cats/oyasumi/ はそれぞれテーマ ディレクトリです。 全テーマがツリー状になっているのが分かるでしょう。
原画像は各テーマ ディレクトリの中の :raw/ ディレクトリに収納されています。 縮小画像は :shrink/ ディレクトリが作られて、 その中に作成され置かれます。 トップ テーマ ディレクトリには原画像がなく、 サブテーマ以下だけに画像が置かれている例を示しています。
テーマ設定ファイル Contents.conf は デフォールト設定と異なることをしたい場合に置かれます。
Contents.db は mkphotohtml によって自動的に作られるファイルで、 mkphotohtml がどのように解釈したかがわかります。 これをベースに各テーマの photo.html が作成されます。 また、この Contents.db はすぐ上のテーマから参照され、 そのテーマ内容(概要)が上位に反映されます(デフォールト設定)。

cats/oyasumi/Contents.conf の最後の行に、画像のコメント内にリンクを張る例があります。
$href(url文字列)(text文字列) をアンカーに変換する実装は version 2.1 からです。
その photo.html のサムネイル画像の最後のコメントに リンクが作られているのが分かるでしょう。 なお そこの最初のテーマ画像のコメントにも同じくリンクが入っています。

最低限やらねばならない事は、テーマ、サブテーマを適当に 分割し、各ディレクトリを作り、原画像を収容するディレクトリ :raw/ を各テーマ ディレクトリの直下に作り、 そこに原画像を納め、トップ テーマ ディレクトリで

mkphotohtml -r

を実行する事です。 デフォールトのままで良ければ Contents.conf を用意する必要はありません。

もし、デフォールト設定で気に入らなければ、 上記のコマンドの実行後、Contents.db を参考に Contents.conf を少しずつ記述して行けば良いでしょう。
(Contents.db をコピーして修正する手もあります。 ただし、Contents.db は UTF-8 なので注意。)

ドキュメントはこちら
ダウンロードはこちら (HTTP) アーカイブ(FTP)
戻る (BACK)
King の最初のページ (TOP page for King)
YAMADA Kunihiro
Last modified: Sat Sep 9 00:41:39 JST 2006